過疎の山里・春野町で暮らす

山里暮らしの日々を綴る/いちりん堂/NPO 法人 楽舎

宗教

現実世界の『法華経』と現実世界を超えた『法華経』

日本で有名なお経は『般若心経」と『法華経』だ。『般若心経』は、短くて読誦しやすい。写経されるお経の代表格だ。 『法華経』は、いわば日本仏教の基礎となっている。比叡山において密教と融合して本覚法門(凡夫はもともと悟っている)の土壌を形成した。…

なぜ日蓮は漫荼羅をあらしたか

日蓮は、「末法に入りぬれば余経も法華経もせんなし。ただ南無妙法蓮華経なるべし」(上野殿御返事)と述べている。 末法の今において、あらゆる経典は無意味。日蓮が信奉し自らの根拠としていた法華経すらも、意味なし。「ただ南無妙法蓮華経」が大切という…

マインドフルネスが聖教新聞にも実践倫理宏正会にも

マインドフルネスという言葉が、かなり普及してきている。書店に行くと、マインドフルネス関係の本がならんでいる。 マインドフルネスとは、「いまここ」の瞬間に気づいている、というような意味だ。人生は、いまここの瞬間しかないわけで、過去も未来もない…

まずは祈りの部屋から

断捨離、ぼくにはめちゃ難しいので、まずは祈りの部屋から。 ホームチャペルというか、道場というか。礼拝室、祈りの部屋。朗々と唱え続け、歌い続けられる部屋ができた。瞑想もヨーガも。マントラも唱えられる。 丹田(腹の底)から朗々と唱え続ければ、天…

拝む弾みのお念仏 はっと気がつきうろたえました

「九段の母」──近頃よく歌う歌がこれ。うちの施設の80代の利用者さんでも、よく知らない。けれども、戦中には大ヒットした歌だ。東北から母親が上京する。上野駅から九段下まで杖を頼りに一日がかりで歩く。戦死した息子に会いに。金鵄勲章を携えてくる。母…

南無妙法蓮華経も南無阿弥陀仏も

南無妙法蓮華経も南無阿弥陀仏も、となえて(称名、唱題)みれば、ほとんど変わらない。不動真言も、神道の祝詞も、ヒンドゥーのマントラも同様だ。それを信仰している人からは、「とんでない」といわれるだろうが。実践してみれば、身体感覚においてかわら…

おくやみ。なるたけ自然に気楽に。いつもの感じで、普通のはなし。

T君が遊びに来た。かれとは、いつもインド哲学、仏教、日蓮、創価学会について語りあう。いつも、あかりと楽しそうに遊んでくれる。 友人のIさんの奥様が急死されて一ヶ月余。まだおくやみに行ってなかったので、Tくんと出かけた。あかりも一緒につれてい…

思い出したら、ひらめいたら、なにかのメッセージ

友人が訪ねてきて、宗教と仏教のよもやま話をした。こんな人がいてねえ、あんな人がいてねという話になる。 そうだ、こんな人がいた。もう10年も20年も会っていない。話が出たというのは、縁があったということだ。 よし、電話してみるか。 もう夜も遅い。20…

拝んだ人はなんからかの結果、体験が現れる。それをシェア(わかちあう)する場を作る

「坊さんの仕事は、自らが拝むこと。そして、信徒に対して拝むことを教えること」と言う。 しかし自ら拝むお坊さんは、なかなかいない。所作や儀礼的にはお経を読み法要は行う。けれどもほんとうに信仰心があり、神仏に拝み祈っているかというと、さてどうだ…

祝詞とお経をおもいきりとなえ、護摩を行い、滝行のできる道場に

わがやのすぐそばにある神社(教会)。神仏混淆の教派神道。祝詞もあげれば護摩も焚く。真言もとなえる。お経もよむ。宮司も信徒も高齢化して、催事はおこなわれなくなってきた。建物も老朽化している。そばを沢の水が流れて滝行のできる場がある。いまはつ…

「あしあと」という詩 ともに歩むイエス

友人の自然写真家のエドワードさんの写真を見て思いだした。「あしあと」という詩。キリスト教におけるイエスのありようをしめすもの。イエスは超越した救済者とも思えるが、聖書を読んでいると、いつも寄り添って歩んでくれ、苦しみをともに分かち合ってく…

「おひとりさま」の老後はどうなるのか。

「おひとりさま」の老後はどうなるのか。 年金があれば、働かなくても暮らしていける。しかし、国民年金だけとか、年金のない人はどうなるのか。働けない。暮らしていけない。-------------------となると、生活保護の道。しかしそれが、可能なのかどうか。…

「創価学会支部長うんざり日記」というような本でも

創価学会は公称1千万人。聖教新聞(日刊の機関紙)の発行部数公称550万部。過去の選挙で公明党の得票数は、900万票近くもとった。 この20数年にわたって政権与党にいて大臣を出している。会員は、数が多いだけではない。あらゆる分野に人材がいる。政治、実…

天台の五時教判、久遠仏などについて

天台の教相判釈、五時教判と一念三千の哲理が最高。 真言宗は、婆羅門諸派から取り入れたもので仏教ではない。 浄土教は、法然が正法である『法華経』を捨閉閣放という。そこを日蓮が批判した。 禅宗は、我見容認の教えで、仏教ではない。 法華経が仏教の核…

インドの旅といまと、どちらが修行になっているかというと

" data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true">ヒマラヤの麓からインドの最南端を旅したことがある。バスと列車で100時間くらいの移動だろうか。昼も夜もおんぼろバスに揺られながら、谷底に転落しそうなところを走った。 ちょうど今の季節を旅し…

互いに、重荷を背負いましょう。そしたら、軽くなるし耐えられる

友人からケータイで「聞いてほしい」と連絡あり。「いまピンチ」だという。 カネでもなくなったのかと思いきや、妻が脳腫瘍でグレード2だという。医大で手術する可愛そうなことに、2ヶ月の胎児がいる。抗がん剤を投与するため、子どもは耐えられない。それ…

たいせつなのは、自分で拝むこと、祈ること。

ネットで祈願受付をするということを始めた友人がいる。 さてどうなるか、とみていた。 もとより、かれには信仰を基軸にした生き方がある。たんなるビジネスじゃあない。 ----------------- 一年で、すごい展開。 たとえば彼岸の供養。 それまで数体の申し込…

死についての試行錯誤

死についての試行錯誤 ①死んでしまったら、あとはなにもない。だから、なにも心配することはない。 もしも、死んだあとも自分がいるとか、来世がある。いわばカルマの報いがあると仮定しても、死んだ後はこの世の記憶はない。 そこにいるのは、いまの自分で…

先祖と共にある暮らし、凛として静寂なもの

今朝、利用者さんとほんのすこし足を伸ばして、近くの集落までドライブ。この集落は、こんなふうに家屋敷のなかに墓がある。ぼくは墓などどうでもいいと思っているものの、こうした佇まいを見ると、先祖と共にある暮らし、凛として静寂なものを感じた。そこ…

スピリチュアリティーとナショナリズムが融合する現象として、安倍昭恵を語る

中島岳志のインタビュー(朝日新聞9月2日)。おもしろい見方。 スピリチュアリティーとナショナリズムが融合する現象として、安倍昭恵を語る。【自分探し→精神世界→エコ→伝統回帰→ナショナリズム】という思考回路。 以下、ピックアップ ------------------…

虚無僧の禁止とヤマハの創業

明治政府は、天皇を中心とした絶対主義国家体制をつくるために、国家神道を基盤にし 明治政府は、天皇を中心とした絶対主義国家体制をつくるために、国家神道を基盤にしていった。 「神仏分離令」であり「神社合祀」が行われた。数多くの寺院が破却された。…

石原莞爾と牧口常三郎

昨日は敗戦記念日。 日本の戦争は、なんのために興したのか、考えてみた。 外向けの戦争目的、大義名分は「東亜の解放」。大東亜共栄圏。アジアを白人の支配から開放するのだ。それが、アジアの盟主である日本の使命。すなわち、聖戦である。「八紘一宇」「…

久米仙人のはなし

空中を飛行していた久米仙人。下界を眺めていい気分。おや、川で女が洗濯している。お、若い女だ。川で洗濯している。白いふくらはぎが美しい。……と、その途端。通力を失って地上に落下してしまった。 ------------------- インドを旅していると、イスラムの…

南無妙法蓮華経メディテーション

頭は、いつもものすごいスピードであれこれ考えている。1分間に文字数にすれば、1,000枚くらの原稿量かもしれない。 それはエネルギーが漏れているとも言える。それだけで疲れる。考えると疲れる。 なので、想念を止める。考えを止める。それが瞑想というこ…

ZOOM楽座 創価学会と日蓮について

昨夜のZOOM楽座は、19時半から2時まで。5時間余の語り合い。家に居ながらにして、充実した語り合いは、自分としてはとても幸せ。しかし、またしても夜更かし。翌日にこたえるなぁ。 『法華経』、日蓮、創価学会をテーマにして語り合いは、3月以来、5回以上…

大本の出口王仁三郎と北一輝とのやりとり

梅棹忠夫の「日本人の宗教」( 中牧弘允編集 淡交社)を読んでいて、興味深いところがあった。 大本の出口王仁三郎と北一輝とのやりとりである。大本の大弾圧と二・二六事件との関係。 以下、抜粋して引用。 ------------------------- 一九二〇年一一月、北…

7/5 ZOOM楽座「自由法華道場」 ─日蓮の中核思想になぜ偽書が多いのか─

ZOOM楽座「自由法華道場」─日蓮の中核思想になぜ偽書が多いのか─日時:7月5日(日)20時〜22時参加方法:ZOOMにアクセス ワンクリックのみどなたでも参加可能 無料メインゲスト:犀角独歩ZOOMアクセス先 ワンクリックhttps://us02web.zoom.us/j/5409124232参…

「自由法華道場」─日蓮の中核思想になぜ偽書が多いのか─

ZOOM楽座の次の企画。まだ思案中。「自由法華道場」─日蓮の中核思想になぜ偽書が多いのか─ -------------------- 日蓮の遺文は、人をひきつけてやまない。弟子や檀越に対する手紙類など、心のこもった勢いのあるものが多い。法門を論じたものも、論旨明快で…

テーマが「池田大作後の創価学会」

「ZOOM楽座」で、日々、集いを企画している。 毎回、やっているのは、ゲストに来ていただいてインタビューしながらというやり方。いわば公開インタビュー。そして参加者の質疑を受けながら展開していく。 ------------------- 昨日は、「法華経」がテーマで…

ZOOM楽座 5/31(日)20時「池田大作後の創価学会はどうなる?」

ZOOM楽座 ZOOM楽座 5/31(日)20時〜 「池田大作後の創価学会はどうなる?」 語り合いの趣旨: 創価学会は、名実ともに日本最大の宗教団体。そして、公明党の母体である。その求心力の源泉は、池田大作氏(第三代会長)のカリスマ性にある。 だが池田大作氏…