過疎の山里・春野町で暮らす

山里暮らしの日々を綴る/いちりん堂/NPO 法人 楽舎

法律・裁判

そういう態度なら、こちらは民事訴訟をしますからね。首を洗って待っているように。

───そういう態度なら、こちらは民事訴訟をしますからね。首を洗って待っているように。「勝手にしろ」がちゃん。 じゃあ、訴状を書くか。また裁判だ。裁判の連勝記録重ねるぞ。と思っていたら、3分後に電話。 「池谷さん。すみません。裁判なんて時間と手間…

これから反転攻撃だよ

友人がネットのトラブルに巻き込まれている。それでアドバイス。 いままでは守勢でしょう。これから反転攻撃だよ。 それらの書き込みは、明らかに、名誉毀であり、風評被害を生んでいる。開示請求もしたらいい。刑事法からも名誉毀損が成立するし、民事法で…

自己破産物件

──もしもし、○○弁護士事務所の○○です。ご提示の物件のですが、債権者との調整、権利関係が複雑なため時間がかかっています。いちおう、途中経過ということでご報告いたします。 土地は200坪ある。「1万円なら買わせてもらいます」と弁護士に伝えていた。 自…

そんなに法律に詳しいわけではないけど、実地に体験してきているので(裁判は3勝1分け、調停と仮差押も経験あり)

いろいろな法律的な相談もかかってくる。昨日は、宗教法人か学校法人を取得するにはどうしたらいいか、という相談。いろいろと裏ワザの話題も提供。 ▽先週は、債権回収。飲食店をいくつか経営している方から。店を任せていた者が、資金として必要ということ…

「事件の概要」「被害の事実」「加害者と思われる人物の特定」「それらを立証する証拠」など

「そういえば、法律に詳しい池谷さんがいた」ということで、友人が思い出してくれて相談があった。 ▽ぼくは弁護士じゃないので、詳しいわけではない。しかし、これまで本人訴訟で裁判には三回完勝(相手は、出版社や損保ジャパン)している。それと和解が一…

「うしろに、うしろに来ないでください!」 裁判長に叱られた。

「うしろに、うしろに来ないでください!」裁判長に叱られた。二審(静岡地裁)の第一回公判のときだ。 ▽出版社が編集制作費を支払わないので起こした裁判だった。一審の簡易裁判所では、勝訴。被告のN出版は控訴した。被告(相手方のN出版)は、証拠を捏…

移住相談と農地の取得について

たぶん一年くらい前に訪ねてきた夫婦。すこし見覚えがある。 いろいろな人が移住相談に来られるので、顔とか忘れてしまっている。仕事じゃないしね。 話しているうちに、「ああそういえば」と思い出す。 「こんど、○○のおためし住宅に住むことになりました」…

古墳跡の土地 100坪1万円でもやめといた

「悪いことは言わん。それはやめときな。金をもらっても無意味な物件だ」土木の専門家のYさんの意見だった。 袋井の愛野駅から徒歩10分、見晴らしのいい斜面。100坪。「任意売却で10万円」という情報を得た。農地のため農家資格が必要で、斜面。 自分は農…

離婚しようとしている人、離婚しそうな人、離婚した人、近ごろ、そういう人が周りに増えてきている。

離婚しようとしている人、離婚しそうな人、離婚した人、近ごろ、そういう人が周りに増えてきている。 うちはたぶん大丈夫だけど、みんないろいろたいへんなんだろなあ。そして「子はかすがい」とはよく言ったものだ。 ぼくの友人のケース。ほんとにみんなそ…

いまや「第四の波」が到来しているのかもしれない

アルビン・トフラー(Alvin Toffler)は、『第三の波』で農業革命、産業革命に続く「情報革命」が起きると主張・第一の波(農業革命による農業社会)、第二の波(産業革命による工業社会)、第三の波(情報革命によるIT社会)と解析した。インターネットが普…

下の部屋で孤独死。腐乱死体。異臭。引っ越さざるをえなくなった事例

アパートの下の部屋で孤独死。腐乱死体。強烈な異臭のために引っ越しを余儀なくされた。30年間も暮らしていたにもかかわらず、部屋の補修の請求をされた。むしろ、慰謝料と引越し費用など損害賠償を請求したい。 友人からの相談事。友人の姉(70歳) ①2LD…

ビッグモーター問題と損保ジャパン 裁判に勝ったことあるよ

いまテレビで賑わっているだろう、ビッグモーター問題。テレビないので見てないけど、社長の会見は見た。どうも組織ぐるみの不正請求ではないかという印象。現時点で不正作業にか関わったものが104名という。ところでしかしこの社長、初代でここまでの大きな…

そのうち、「知っておきたいザンネンな田舎暮らし」というテーマで本を書きたい

友人から、ある人がお田舎暮らしをするとき、不動産屋を通さずに直接契約するというので、その注意点を聞かれた。専門じゃあないけれど、ぼくの体験から。 ①退去の通告:「退去してくれ」と言われることがある。とくに、家主が亡くなって相続が発生したりす…

登記申請となると、ややこしい。委任状、固定資産税評価額、印鑑証明、登記簿謄本、登記原因の理由書などなど

Oさんに田んぼの転貸をしていたので、地主との契約に同行する。地主は「いつまでも使ってもらって結構です。でも、自分が死んだあと相続のこともあるし、はっきりさせておきたい」ということであった。 ぼくももともと転貸だったので、このあたり曖昧になっ…

古民家をリノベーションしてオシャレ空間、ネットワークづくりにしようという動きが起きつつある

終わっていく過疎地、田舎の人々。みなさんもう80代、高齢化でからだが動けない。田んぼや畑もつらい。もう断捨離に入っている。 心配なのは、自分たちが死んだら、家だけが残る。しかし、子どもたちは帰ってくることはない。葬式などに200万円くらいかかる…

裁判は和解とした

裁判官「原告は事実の究明と言われます。お気持ちはわかりますが、裁判は事実の究明の場ではないんですね。たとい事実であっても、それを裏付ける客観的な証拠がないと、残念ながら裁判では勝てないんです。これまでの証拠で十分ですか。これをもとに判断し…

山里から往復3時間の移動 まとめて用事を 裁判  FSC認証材 助成金の申請

①裁判の口頭弁論 訴状を出してから一年となる。口頭弁論も10回目くらいか。準備書面は6まで出した。もうそろそろ証拠も出揃った。いまの時点で示した証拠の土俵で審判されることになる。裁判官は和解を進めるが、こちらは「事実究明」が目的なので、と断る…

口頭弁論も10回目になる。

口頭弁論も10回目になる。裁判官から前回の口頭弁論で、「そろそろ和解しませんか」といわれていた。弁護士も年内に決着したいようだ。 しかし「和解はしません。理由はこれこれ」と文章で連絡しておいた。「もしも和解するとしたら、これだけの費用を」と。…

あれこれと事務処理がたくさん

月末には、助成金の申請をまとめて4本。日本財団、大和証券グループ、キリン、庭野平和財団。 日本財団の申請は、あまりに複雑なので、途中で挫折しながらもそのまま申請してしまった。 まあ、下手な鉄砲、数撃ちゃ、当たる的なトライアルだけど。 ひとつ申…

統一教会の信徒が、なぜ多額の献金をするのだろうか。その論理。

統一教会の信徒が、なぜ多額の献金をするのだろうか。いろいろな判決を読んでみて、すこしわかってきた。こういう論理なのだ。 ①この世の万物(財産)は本来神のものであったが、人間が堕落した結果、万物がサタンのものとなった。 ②万物を神の側に取り戻す…

「反社会的勢力」の定義と統一教会

「統一教会」の反社性が問われている。自民党は、統一教会という反社勢力とズブズブの関係であったことが、露見してきている。 日本の統一教会は、多額な献金が韓国の本部に吸い上げられ、さらには一部が北朝鮮にも流れ、その資金がミサイルとなって日本に飛…

「石井紘基が暗殺された」 ちょうど20年前のきょう、10月25日だ。

「石井紘基が暗殺された」ちょうど20年前のきょう、10月25日だ。 それを聞いたのは世田谷にある国士舘大学のキャンパスだった。当時ぼくは大学の広報の仕事を受けていた。学生とともに南インドの島で家づくりのボランティア活動したこともある。 石井が…

立証責任について

民事訴訟は、時間がかかる。かるく一年余はかかる。粘りと集中力が必要。こちらは弁護士を使わない本人訴訟だから、勉強しながらで、かなりエネルギーが要る。 「そんなのもうやめにして、人生は短いんだから、もっとクリエイティブなことに集中したほうがい…

そろそろ和解を勧告された。さて、どうするか。

月に一度は裁判に行く。係争はもう一年余になる。全部が本人訴訟で、弁護士は使わない。弁護士を使っていたら、経費倒れで意味がない。 これまでも本人訴訟で、裁判は3戦全勝だった。しかし、今回はスカッとはいかない性質の裁判。------------------なぜか…

東京地検特捜部、どれだけ金メダルを得られるか

東京地検特捜部に関心がある。オリンピック疑惑、どこまで突き進められるか。電通、大会組織委員会、さらには森や竹田。明治神宮外苑の再開発利権も出てくるかも。-------------------東京地検特捜部は、政治家汚職、大型脱税、経済事件など大規模事件を集中…

創価学会=公明党の活動について

「学会と公明党に対する“政教一致批判”は、根拠がない」というのは、次の創価学会会長と目される谷川茂樹氏の発言。聖教新聞(2022年8月22日号)から、池谷が抜粋。①「政教分離」の原則(憲法20条)は、国家と宗教の分離、国家権力と宗教(宗教団体)の分離…

信教の自由と反社勢力の問題

①信教の自由は保証されている。どんなにカルト的に見える宗教を信じていようが、会合に参加していようが、法的には問題ない。政治家であっても問題ない。②憲法(第20条)にはこう記載されている。第1項:信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかな…

「閣議決定」を根拠になんでもできるのか。

法治国家なので、かたちとしては「法」を根拠になされていく。では、国民の大多数が反対している安倍さんの国葬についてはどうなのか。 ①内閣府設置法を根拠に、国葬儀を含む国の儀式の執行は、行政権に属する。②そのため「閣議決定」を根拠に行いうる。 以…

裁判の過程で、相手の矛盾がかならず出てくると思うので、そこを衝いていく

昨日は裁判書に出かけた。こちらが原告だ。 ぼくはこれまでの裁判やら調停、仮差押の申請などで5回、裁判に関わっている。出会った裁判官は6人。そのうち女性の裁判官は4人だった。今回の裁判官は、30代の知的で可愛らしい感じの女性。 訴状を書いてから…

明日は弁論準備手続だ

訴訟を起こしている。問題なのは、裁判に勝っても、相手にお金がないと「無い袖は振れぬ」でアウト。相手の財産を差し押さえて競売にするってなことは、じつにたいへん。なので、予め勝訴にそなえて「仮差押」(かりさしおさえ)する。相手の預金口座や不動…