過疎の山里・春野町で暮らす

山里暮らしの日々を綴る/いちりん堂/NPO 法人 楽舎

デイサービス

ゲイシャ・ワルツ 神楽坂はん子

大正時代から戦前・戦後の歌が好きで、覚えては施設で歌をリードしている。①「ゲイシャ・ワルツ」というタイトルが、なかなかすごい。同時代に、江利チエミの「テネシー・ワルツ」が流行っていた。②作曲:古賀政男、作詞:西条八十という黄金コンビ。③日本舞…

スーパーハウス(5畳)を8棟、貨車を3両移設した

あかりと窓拭きごっこ。濡らした新聞紙で拭いていく。あかりは中、おとうちゃん外。 おもしろそうだ、と思ったみたい。でも、やってみて、そんなにおもしろくないと気づくと、もうほかのことをやりはじめていた。スーパーハウス(5畳)を8棟、貨車を3両移設…

コロナの融資 「緊急小口資金」と「総合支援資金」

コロナのためにイベントの売上がなく、貯金がない。もう暮らしがやっていけない。そういう相談を受けた。それで、いい方法がないか調べてみた。 「生活保護」を受ける道。しかし、これはなかなかハードルが高そう。「持続化給付金」で、100万円の給付が可能…

貨車を3両とスーパーハウスは8棟を運び終えた

貨車を3両とスーパーハウスは8棟を運び終えた。のこり1棟。あとは高圧洗浄機でハウスを洗って、余裕があれば塗装する。色はモスグリーンかチョコレート色。落ち着いたら、旧家屋のごっちゃごちゃしたモノを引っ越して整理。10年前に移住した時、本を入れた…

2棟は「こども図書館」に

移設するハウス(10棟)のうち2棟は、「こども図書館」にできそうだ。絵本、育児関係の本、おもちゃなどを置く。子どもたちが自由に遊べる空間になりそうだ。いま保育事業もしているので、絵本や紙芝居、200冊を2ヶ月間、借りられる。天竜図書館のバスが、…

全部移設できたら、貨車3両、ハウスが10棟となる

本日は、貨物列車の貨車を2両、移設した。明日以降は、のこり1両。さらには、ハウスを4棟。全部移設できたら、貨車3両、ハウスが10棟となる。その後は、大量のごみ処理という仕事があるが、そこは自分の敷地内なのでゆっくりと。

「おひとりさま」の老後はどうなるのか。

「おひとりさま」の老後はどうなるのか。 年金があれば、働かなくても暮らしていける。しかし、国民年金だけとか、年金のない人はどうなるのか。働けない。暮らしていけない。-------------------となると、生活保護の道。しかしそれが、可能なのかどうか。…

切断機と電動ドライバー。これがあれば、いろいろ作れる

歌詞カード(ひとつがA3が4枚ほどの大きさ)は150枚になった。整理がたいへんになったので、倒れないように、移動できるようにキャスター付きの台を作った。ぼくのことだから、ものすごく大雑把だ。しかし、機能は果たしている。ついでに適当に椅子も作っ…

山里の過疎地は反転上昇することがあるのだろうか

年末年始に出会った人の平均年齢は、88歳。 ①86歳(ひとり暮らし)の女性、来訪。スマホが通じないというので電源のリセットと充電のサポート。スマホの使い方をアドバイス。お餅をいただいた。亡くなった父親の尋常小学校の生徒代表の答辞の原稿ができたの…

保育事業もスタートしたのだった

広葉樹の林はほんとうにうれしい。今年は介護事業に加えて保育事業もスタートしたのだった。施設の利用者は2歳から100歳。人と深く関わることになるので、たくさん学べる。ありがたい日々。

なんと100歳だ

12月30日にふみ子さんのお祝いに行ってきた。自宅で過ごされている。無邪気で可愛らしい方である。プレゼントは、手製のパズル。よく一緒に歌を歌ってくださる。

門松。こんな程度で。

即席の門松。切ってきてセットまで所要時間10分。とりあえずは、こんなところで。

高齢者の生活保護について

生活保護を受けたいという人が増えてきた。 高齢(80代)になってひとり暮らし。子どもがいない。年金は一ヶ月に7万円余。持ち家で借地。これでは暮らしていけない。生活保護を申請したいという相談を受けた。 いま計算してみたら、受給額は7万円弱。貸家…

収納スペースは倍増する

スーパーハウスの移設中。ハウス(4.5メーター×2メータ)が10棟。さらには、貨物列車の貨車が3両。すべてこの施設の敷地に移設するつもり。収納スペースは倍増する。 しかしユニックって便利だなあ。なんでも運べる。ユンボとユニックは操作できるようにな…

手間のかかる面倒なことを、いかに楽しくやれるか

面倒なことを楽しくやるにはどうしたものか。 ①とにかく、手をつける以外にない。「やるしかない」と覚悟する。②いきなり全部やろうとすると気が滅入るので、仕事を細かくブレイクダウンして書きだす。③書き出したもの一つひとつをみれば、難しくはない。片…

トラクターで遊ぶ

トラクターで耕している途中。子どもたちのおもちゃになってしまった。畑にするつもりなんだけど、ここは子どもの遊び場のほうがいいかもしれない。ティピ、竹のジャングルジム、竹のブランコに間伐材のシーソーを置いたりするかな。

地域の人たち呼びかけて、定期的に歌の集いをもつ

施設では、毎日、歌は20曲くらい歌う。童謡、唱歌、戦前・戦後の歌謡曲。演歌、抒情歌、民謡に賛美歌、なんでもあり。利用者さんも歌が大好きだ。 なによりリードする自分自身が、歌うことで元気をもらえる。 ---------------------- 100歳になるFさんがこ…

もっとも厄介なのが、ススキ

雑草の中で、もっとも厄介なのが、ススキだ。 エンジン草刈機で刈っても刈っても、新しい茎が出てくる。 今年は、草刈りを放置していので、えらいことになっていた。 ススキの地下茎がぎっしり逞しく張っていた。まるで強固な城砦。 ------------------- 株…

歌詞を見ると、Fさんはもう「いいかね」という

今月で100歳になるFさんを迎えに行く。いつものことだが、施設の玄関に着いて、さあ入りましょうというとき、「足が痛い。もう帰る」といわれる。 無理強いしてもいけない。また帰られても家の人が困る。 で、いつものように、クルマの中に大きな歌詞を用意…

新聞紙のちぎり絵 おもしろい

新聞紙のちぎり絵の初作品。 露天風呂があまりに熱くなりすぎたので、風呂の蓋をあけたまま冷めるのを待つ間、作ってみた 新聞紙をちぎって、赤カブあたりをイメージして作った。しかし、すこしずつ変容していった。テキトーさんと偶然性であそべる。 新聞紙…

20畳のフリースペースができた

オープンテラスがほぼ完成。20畳のフリースペースができた。あとは、入口の階段をつけて、片付けをしておしまい。 ここから、ティピ、縄文式の家、カマド、ピザ窯、パン焼き器など、すこしずつつくっていく。

青空のもと、声を響かせるのは心地よい

オープンテラス建設中。朝、青空ヨーガと瞑想できるのが嬉しい。あかりもヨーガみならい。おえかき。インドの歌をうたっていた。青空のもと、声を響かせるのは心地よい。近所のおじさんがやってきて、戦前歌謡を一緒にうたう。この方は81歳。草野球チームの…

ヤママユの飼育

山繭を飼育して織物までやっている友人がいて、飼育するための林がないので、サポートしてもらいたいと相談を受けた。 山繭は、天蚕とはちがって、桑の葉を食べない。クヌギ、ブナ、コナラなどを葉っぱを食べる。そのため、室内で飼育できない。それらの樹木…

ひろびろとした天空の下

ぼちぼち進んでいる。あと2日かかるかな。半分を屋根とした。半分は青空のまま。ひろびろとした天空の下というのがいい。ここは瞑想スペースになりそう。

司法書士が謄本を送ってこないので

" data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true">「わたしはこれまで、たくさんの土地の登記を自分でやってきた。それこそ30分もあれば登記できる。それをあえて、司法書士さんに依頼してお金も払っているのに、1ヶ月もかかって謄本も届かないとい…

マンダラの塗り絵に集中

大正15年生まれの94歳。マンダラの塗り絵に集中される。 この安定した色彩のグラデーション。細密さ。一日に2〜3枚は仕上げる。来年の春には、「個展やりましょうか」と言っているんだけど。 いつも穏やか。あんまりお喋りはされないけれど、童謡、唱歌、…

移動式パン焼き器

くんまから水野さんが、移動式のパン焼き機をもってきてくれて、フォカッチャ(Focaccia)を焼いてくれた。みんなでつくるのは楽しい。おいしい。 このパン焼き機は、電気温水器(200リッター)の廃材を活用してつくったもの。もちろんピザも焼ける。焼き芋も…

すんなりひとつの部署で集中的に機能的な結びつけられたらいいんだけど

最近の事例。 Mさん86歳:ひとり暮らし。圧迫骨折4度目。現在入院中。親戚は近くにいない。子どもは先に亡くなった。きょうだいは、片道7時間の遠方。そて、これからどうするか、どうなるか。通えるときはデイサービスに来ていただいて、それでも動けなく…

6メーター四方(20畳余)のオープンテラス

6メーター四方(20畳余)のオープンテラスが、出来上がりつつある。さて、これに屋根をつけるかどうかが悩ましい。 屋根がないほうが青空のもとで、スカッとして気持ちがいい。しかし、もろに雨や紫外線にあたるので、木の劣化が早い。 そうすると、屋根が…

帝国データバンクが調査のために訪ねてきた

" data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true">帝国データバンクが調査のために訪ねてきた。二度目である。 こんな辺鄙な山里の、介護施設として認可されてまだ一年もたたない零細な施設に、わざわざ帝国データバンクが調査に来るのは、どうして…