過疎の山里・春野町で暮らす

山里暮らしの日々を綴る/いちりん堂/NPO 法人 楽舎

子育て

邪魔にならず買い物にもにお供してくれるようになったもの

おかあちゃんが過労と風邪でダウンしている。あかりは、朝から「おとうちゃんあそぼう」とやってくる。──う〜ん。いま、いそがしいんだけどなあ。そう言うと、肩に力を入れて唸った。「おとうちゃん!おとうちゃんは、あかりちゃんとあそぶためにいるんだか…

スーパーハウス(5畳)を8棟、貨車を3両移設した

あかりと窓拭きごっこ。濡らした新聞紙で拭いていく。あかりは中、おとうちゃん外。 おもしろそうだ、と思ったみたい。でも、やってみて、そんなにおもしろくないと気づくと、もうほかのことをやりはじめていた。スーパーハウス(5畳)を8棟、貨車を3両移設…

2棟は「こども図書館」に

移設するハウス(10棟)のうち2棟は、「こども図書館」にできそうだ。絵本、育児関係の本、おもちゃなどを置く。子どもたちが自由に遊べる空間になりそうだ。いま保育事業もしているので、絵本や紙芝居、200冊を2ヶ月間、借りられる。天竜図書館のバスが、…

お姫さまと魔法使いのおばあちゃん

あかりはよく言う。「魔法がつかえるお姫さまになりたいの」。 ──そうなんだ。でも、おばあちゃんじゃないと魔法は使えないんだよ。お姫さまは魔法が使えない。 以前、そんな話をしていたが、またその話をした。さあ、どうする。「やっぱり、お姫さまになり…

幼稚園にいけなくなったらたいへん

緊急事態宣言でるのか。飲食店だけ早期に閉じさせても、通勤ラッシュそのままでは、意味がないような。 首都圏に向かう「通勤ラッシュ」ってのはすごい。3密回避どころか、ギューギュー詰めの超密着で長時間閉じ込められる。感染して当然だろう。----------…

保育事業もスタートしたのだった

広葉樹の林はほんとうにうれしい。今年は介護事業に加えて保育事業もスタートしたのだった。施設の利用者は2歳から100歳。人と深く関わることになるので、たくさん学べる。ありがたい日々。

紙団子作り

きょう発見した新しい遊び。紙団子づくり。新聞を水に濡らしてくずして丸める。。すこし糊を入れる。それをティッシュでくるむとできあがり。乾燥したら彩色する。あかりは、うまく丸められなくて、泣きながらやっていた。しかし、根気よく続けたらできた。…

ダンボールに貼って縁飾り

あかりがテキトーにふにゃふにゃと描くゆるキャラ。なかなかいい味を出している。 おとうちゃんは、それを捨てないでせっせとダンボールに貼りつける。縁には新聞のカラー印刷の部分を切って糊付け。これがなかなか楽しい。

あかりとヨーガ

テラスで布団を干して日向ぼこ。あかりとヨーガのレッスン。ひとつ教えると「はい次は」と言ってくる。また教えると「はい次は」。なにしろ子供だから、180度の開脚などゆるゆる。おとうちゃんはガチガチ。 成長していくとともに、いろいろ耐え忍び、なにく…

描きながら物語があらわれてくる

あかりが描くのは、ゆるきゃらでマネできない(1枚目、2枚目)。おとうちゃんの描くのは、作為があってちっともいいとは思えない(3枚目、4枚目)。-------------------トランプとか、かくれんぼとか、ボール投げは疲れる。おとうちゃんは、あんまりおもし…

落ち込みゲームをやってくれた

あれ?どうしたんだろう、動かない。 こういう姿勢でじっとしていた。おかあちゃんに叱られて落ち込んでいたのだ。 声をかけた。もっと落ち込んでみて。もっと。もっと。と、やっているうちに、ガバッと起き上がってなんども落ち込みシーンを再現してくれた。…

トラクターで遊ぶ

トラクターで耕している途中。子どもたちのおもちゃになってしまった。畑にするつもりなんだけど、ここは子どもの遊び場のほうがいいかもしれない。ティピ、竹のジャングルジム、竹のブランコに間伐材のシーソーを置いたりするかな。

親子でサイクリングできるようになったんだなあ。しみじみ

──松ぼっくり、ひろいに行こうか。 「うん、いいね。行こう」 すぐ目の前のスポーツ公園まで。 お父ちゃんはリヤカーを引っ張る。あかりは自転車。 去年までは、このリヤカーにあかりを乗せて(あかりはシュラフにくるまって)、月夜の下を歩いたものだった…

無法地帯とゲーム

絵本を10冊くらい読んだら疲れてしまう。鬼ごっこやかくれんぼは疲れる。トランプの神経衰弱も疲れる。 じゃあ、オセロゲームをやろうかということになる。 ---------------------- だがまてよ、オセロゲームってどんなルールだったっけ。ルールをよく把握し…

ダンボールアート あかりと

毎日、ダンボールアート。あかりとの共同制作。おたがいに、この色じゃイヤだ、ここにネコを、いや竜だなど言い合いながら、ガシガシと描いています。

ゆるきゃら。あかり作。

ゆるキャラ。あかりの描いたもの。色付けしたのは、おとうちゃん。2枚目は、りんごの木。5枚目は、みんなでりんごを持っている。最後は、りんごの根っこがどんどんと伸びて、世界を覆ってしまうという物語に。

20畳のフリースペースができた

オープンテラスがほぼ完成。20畳のフリースペースができた。あとは、入口の階段をつけて、片付けをしておしまい。 ここから、ティピ、縄文式の家、カマド、ピザ窯、パン焼き器など、すこしずつつくっていく。

大好きなお父ちゃんとお母ちゃんが仲良くなりますように……

あかりは仏像が飾ってあるところに行って、置いてあるリンをゴーンと鳴らす。 「大好きなお父ちゃんとお母ちゃんが仲良くなりますように……」合掌して、唱えていた。-------------------妻と口喧嘩になることがある。お互いに譲らない。反撃に次ぐ反撃と。 あ…

突然、発火して電光石火のように動き出す

突然、点火して動きだす。ゲシュタルトの崩壊というか、それまで気にもとめなかった下地・背景が、主役で浮き出てくる。すると、はっと気づく。 ---------------- あかりのおもちゃの置いてある部屋は乱雑。ブロックの積みあげたものなど、放置。片付けにも…

青空のもと、声を響かせるのは心地よい

オープンテラス建設中。朝、青空ヨーガと瞑想できるのが嬉しい。あかりもヨーガみならい。おえかき。インドの歌をうたっていた。青空のもと、声を響かせるのは心地よい。近所のおじさんがやってきて、戦前歌謡を一緒にうたう。この方は81歳。草野球チームの…

立体オブジェづくりにハマりだしたようだ

新聞紙丸めて、剣道の戦い。ええーい!とおーー! 気合を入れて打ちあった。そのうち、「細くて長いのをいっぱい作って」と言う。「はいよ」。おとうちゃんはいくつも作った。「こっちをみないで」と言う。なにやら、せっせと作っている。立体オブジェづくり…

「負けた方が勝つ」というロジック

「おとうちゃん。シンケンダンシャクやろう」 ──ん。うむむ。やろうか。 シンケンダンシャクは、真剣男爵と聞こえる。おもしろいね。 お母ちゃんが言う。 「ちゃんとした名前を教えないと、幼稚園でバカにされるから」 ──そうだね。あのね、シンケンダンシャ…

お姫さまと王子さま

「あかりちゃんは、やっぱりお姫さまになりたいの。そうして、お金もちになるの」。 ──そうか。お金もちはいいよね。それで、お金もちになったらどうしたいの。 「お金もちになったら、ほしいものがいっぱい買えるでしょう。好きなところに行ける。もう仕事…

お姫さまがいいか魔法使いがいいか

あかり「お姫さまになりたいの。そして、魔法が使えるの」。 おとうちゃん「それはいいね。でもね。お姫さまになったら魔法は使えないんだよ。魔法を使えるのは、おばあちゃんなんだよ」。 あかり「そうなんだ」。 おとうちゃん「そうだよ。どっちにする。お…

ヤギのメリーちゃんが草を食べに来てくれた

ちかくの養護施設で飼われているヤギのメリーちゃんが草を食べに来てくれた。 来年の夏は、草刈り用にメリーちゃんを借りることにした。施設に出かけて、リードを引っ張って連れてくる。杭を打ってそこにつないでおけば、360度ぐるりと草を食べてくれる。 ヤ…

移動図書館がきてくれる

移動図書館のバス。毎月きてくれる。施設にいながら100冊、借りられる。 こちらは介護施設としての利用だが、こんど、保育の事業だけでも新たに申請してみよう。そうすると、あらたに幼児、子ども向けの本をまた100冊かりられそう。 図書館の方も「よろこん…

ダンボールアート

コンビニや100均で、段ボールを山のようにもらってくる。毎日、段ボールを切ったり張ったりしている。 マンダラアートは、壁に所狭しとぎっしり。歌詞の台紙はもう120曲になった。おーいお茶の箱はA4ファイルの収納に。あれこれ入れる箱。あかりのおもちゃ…

インドの旅といまと、どちらが修行になっているかというと

" data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true">ヒマラヤの麓からインドの最南端を旅したことがある。バスと列車で100時間くらいの移動だろうか。昼も夜もおんぼろバスに揺られながら、谷底に転落しそうなところを走った。 ちょうど今の季節を旅し…

多民族化の動きは確実に来ている

VOXYを廃車にした。時間がないので、ペルー人のパチェコさんにすべてお願いした。 彼は、施設の屋根の工事なども施工してもらった。家の解体、廃材の分別、鉄の溶接、大工仕事、木の伐採、草刈り、引っ越し、農機具の引き取りと販売など、幅広くやっている。…

紙芝居はじめた

「紙芝居」をはじめた。 紙芝居のフレームは、段ボールを切って貼って30分くらいで完成。利用者さんには好評。 木製の紙芝居のフレームもいいが、段ボールだと軽くていい。フレームの色も適当に変えられる。大きいのも小さいのも、いろいろできる。A3サイ…