過疎の山里・春野町で暮らす

山里暮らしの日々を綴る/いちりん堂/NPO 法人 楽舎

気づきと身体

ドラム缶風呂の再開

山里に暮らすなら、温泉のあるところがいい。温泉があれば疲れが取れる。心身の健康にいい。人との交流にもいい。 だが、ここ春野町は過疎の山里だが、温泉がない。まことに残念。-------------------これまで工夫して露天風呂(薪焚き)にしていたが、やは…

夢の記録 

夢というものは、自我の境界が曖昧。あらわれてきたものすべてが自分の象徴とも言える。言語化するととても不明確。しかし、イメージとしての生命力は浸透している。 昨日、こんな夢を見た。 ①ゆったりくつろいでいた。突然、理由はわからないが、いのちがあ…

ヨモギとドクダミを煎じた薬草茶

30年余、毎日、飲み続けてきたコーヒーをやめて、ヨモギとドクダミを煎じた薬草茶に切り替えてみた。とくにヨモギをメインにしている。ヨモギは春に採取して室内干ししたもの。 種火で50分間煮出すので、すごく濃密なお茶だ。色は真っ黒。味も苦い。ヨモギ・…

夢よりも現実。現実とのダンス。

こうしたい、ああしたい。あれを達成したらこうする。ああする。 ぼくには、そういう夢を語る時期があった。が、いまは夢をあんまり語らない。年をとったせいもある。夢を実現しようとか、目標を達成しよう努力すると、どうも疲れるようだ。 なにしろ現実が…

お経を読ませてもらったけれど

" data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true">施設の利用をしばらく休んでいたTさん(86歳)を訪ねた。書類にハンコを押してもらう用事があったのだ。いまTさんは、夫が亡くなって喪に服している。来週、四十九日(満中陰)となる。 仏前に合…

突然、発火して電光石火のように動き出す

突然、点火して動きだす。ゲシュタルトの崩壊というか、それまで気にもとめなかった下地・背景が、主役で浮き出てくる。すると、はっと気づく。 ---------------- あかりのおもちゃの置いてある部屋は乱雑。ブロックの積みあげたものなど、放置。片付けにも…

モノリナ〜倍音〜ホーミー

モノリナという倍音を紡ぐ楽器の音色を聞いていたら、とてもよい。ほしくなった。しかし、すごく高そう。自分で作れるかもしれないなあと思ったり。 この響きは、ホーミーに通じると思った。 ユーチューブで検索していたら、6つのホーミーの方法があること…

沐浴と年寄りに冷や水

熱い湯と冷水を交互に。薪を燃やして露天風呂。星空を眺めて芯から温まるしあわせ。温泉に行けなくても、これで十分。ごくらくごくらく。露天風呂の横には、ステンレスのドラム缶に水を張っている。熱い風呂に入った後は、ざぶんと冷水に入る。また熱い風呂…

「どうやって死んでいくか」ということが、いつも話題になる

やはり「どうやって死んでいくか」ということが、いつも話題になる。 とくに高齢でひとり暮らしの人は、このテーマは切実だ。 もしものとき、どうするか、どうなるか。 そのためには、なにをしておいたらいいか。 ------------------- もしものときは、ぼく…

心身の全体性を取り戻すような至福の時間

露天風呂に入って星空を眺める。赤く燃える薪の炎をながめていると、時空を超えて神秘の世界に入るようだ。 ゆったりくつろいでいるんだけれど、なにしろ露天風呂だから、首から上は冷気にある。身体はゆるんで、頭は冴える。 瞑想というよりも、なにか心身…

インドの旅といまと、どちらが修行になっているかというと

" data-en-clipboard="true"> " data-en-clipboard="true">ヒマラヤの麓からインドの最南端を旅したことがある。バスと列車で100時間くらいの移動だろうか。昼も夜もおんぼろバスに揺られながら、谷底に転落しそうなところを走った。 ちょうど今の季節を旅し…

ハラに決めたら、すんなり動くもの

いつものぶらり旅なのだが、予約日を決めないオープンチケットではなくて、帰りのフライトの日時は指定されている。だが、リコンファームしないと乗れない。 リコンファーム(予約再確認)。航空会社にその飛行機に乗る意思を示す。 これをしないと、期日指…

互いに、重荷を背負いましょう。そしたら、軽くなるし耐えられる

友人からケータイで「聞いてほしい」と連絡あり。「いまピンチ」だという。 カネでもなくなったのかと思いきや、妻が脳腫瘍でグレード2だという。医大で手術する可愛そうなことに、2ヶ月の胎児がいる。抗がん剤を投与するため、子どもは耐えられない。それ…

毎日、トレーニングを楽しんでいけたらいいな

幼稚園で面白くないことがあったようで、あかりはぷんすか怒ったばかりいた。八つ当たりしていた。 あかりは、同級生の中でも、身長も身体能力も空気を読む力も劣っているようだ。それで、どうもバカにされたみたいだ。 ------------------ まあ、それはそれ…

真言宗の大本山の本を作ることになった

真言宗の大本山の本を作ることになった。本日、とりまとめ役のお坊さんと、ZOOMでやりとりが始まった。コンテンツはまだこれから。雑談的なところから、すすめていく。第一歩の状態。 そのお坊さんの方と、雑談して体験を聞いたメモ。 ---------------------…

ぼくなりの突破口。「縁を活かす」、

「結局、なにごと楽しくないと続かない」。農家民宿やっているMさんとのやりとり。結論。 ぼくがいまやっている、やろうとしている試みについて語ると、「それは楽しそうだ」と。応援にいくよ、と言ってくれた。 ------------------- 自分が楽しかったら関…

秋の日はつるべ落とし

いまの元気が、10年も20年も続くように思って生きている。 20代、30代、40代、50代は、だいたいそれでいい。 でも、晩年になると、そうはいかない。 みなさん70歳を超えると、がくんと体力も気力もなくなるという。80歳をこえてら、ますます加速する。 「秋…

死についての試行錯誤

死についての試行錯誤 ①死んでしまったら、あとはなにもない。だから、なにも心配することはない。 もしも、死んだあとも自分がいるとか、来世がある。いわばカルマの報いがあると仮定しても、死んだ後はこの世の記憶はない。 そこにいるのは、いまの自分で…

炎と瞑想、体が心から温まる。夜空の星。

外風呂に入る。二つの楽しみがある。薪で燃やすこと。炎を眺めているのは、イマジネーションが湧くこと。そしてまた頭が空っぽになる。。瞑想するぞー」みたいなのではなくて、自然に起きてくる瞑想。薪で焚いた風呂は、体の芯からあたたまる、これは、まこ…

クモを怖がるあかり、そこで

怖いものは、怖い。 怖くないよ、といくら言っても、説得力なし。 その人のリアリティでは、怖いのだから。 心理学的には、怖いと思っているから怖い。対象物に怖いというイメージを投影(スクリーンとして映っている)しているだけ。いわば幻想だ。 ならば…

「これが人生か。しからばもう一度」という言葉が蘇ってきた

ドラム缶でダンボールをたくさん燃やした。闇夜にごおーっとゆらめく炎は、なんとも味わい深い。そのままずっと見とれていた。炎の前でゆったり気功などして、心地よい時間を味わった。毎日でも焚き火をしたいものだ。 うちには外風呂があって、薪で焚いてい…

ネットで検索して学んでいくプロセス

刑事裁判について知りたいので、裁判の流れを学ぼうとしている。 しかし便利な世の中だ。わざわざ難しい刑法や刑事訴訟法の本を探して読まなくてもいい。 ネットがあれば即座に検索できる。それを多方面から読み込めばいい。 検索する時、検索される「単語」…

ああ、夢だったか。なあんてこともあるかもしれない。

毎日、夢は見ているのだと思う。でも、ほとんど忘れてしまっているのだと思う。 夢を見る時間は、目が覚めるちょっと前の浅い眠りのときじゃなかろうか。 夢からなんらかの暗示、メッセージをもらえるように思う。 ぼくは夢を解釈はしない。絵に描いたり、文…

もろもろの音の味わい。もう秋だなあ

こんな雨の日は、ここでしばし瞑想、ヨーガやらストレッチやら。 だあれも来ない。ぼくしかいない。 しかも、施設から徒歩1分という立地。 こうして坐っていられるありがたさ。 いろいろな音がする。オーケストラのような響きの塊として聞こえる。 坐ってい…

未完成でも完成だ。それでいいと、自分で決める。

いつも、これでおしまい。次はない。 一期一会ほど大げさでないにしても。 「今度やるときは」「この次はちゃんと」……みたいなことは、ほとんどないといっていい。 この次は、もう条件が変わっている。事情が変わっている。 なにより、自分の心が変わってい…

日々の暮らしの鍵は「呼吸」

不安やイライラすることばかり。 不安、焦り、心配は自然と沸き起こる。 そして、いつの間にか巻き込まれてゆく。不安とはいわば妄想か。勝手に暴走する。次から次へと。 社会に対して、政治に対して、発言することは大切。 しかし、まあどうしようもないわ…

心はそれよりもひどいことをする

憎しみや恨みは、自分が自分に仕打ちをする、自分をいじめる。自分を蝕んでいく。相手にはまったく影響を与えることはないのに。 最古の経典である「ダンマパダ」にはこういう言葉がある。 「 憎む人が憎む人にたいし、怨む人が怨む人にたいして、どのような…

人の気持ちがわかり、自分の気持がわかるというあり方

「あんさんはなぁ、ひとさまをお助けする。そういうひとになりなはれや。 お助けというと、難しいようやが、けっして難しくはありません。 よくひとの気持ちがわかることや。 ひとの気持ちがわかると、自分の気持ちもわかってきます。 ひとの気持ちがわかり…

息を吸う時に、歌の情景をイメージする。

施設では、毎日10曲以上は歌をリードする。 歌うときに、その情景をイメージして歌う。 情景のイメージなくして歌うと、たのしくない。機械的。 数日前から心がけているのは、息を吐いて歌う前に、情景を描いていること。 息を吸う時に、歌の情景をイメージ…

圧迫骨折と脊柱管狭窄症

痛みはおさまらないし、耐えていくしかない。お互いの辛さ、痛みの分かる人がおしゃべりを楽しむ。笑うことがいちばんのクスリ。 ただ、この山里では、そうした気軽に出会う場所がない。年とると、わざわざ出かけていくのもたいへん。わざわざ訪ねると、手土…