過疎の山里・春野町で暮らす

山里暮らしの日々を綴る/いちりん堂/NPO 法人 楽舎

気づきと身体

「効き目を出そう」とか、「治そう」というような思いはもたない

きょうの整体。 膏肓(こうもう:肩甲骨と肩甲骨の間)、背中、腰、首筋と指圧。 いつものように、手のひらと手首、肘、腕、肩ともんでゆく。 親指、手のひらで押す。体重をかけて行うので、疲れることはない。しかし体格のいい人、太っている人には、効きに…

「切身整体」について

マッサージもするが、指圧もする。 ポイントは、指の力で押さない。体重で押す。というよりも、体重をかけて、それを指で支える。そうすると、相手にずしっと響く。こちらは、疲れることはない。 -------------------- 「切身整体」(せっしんせいたい)とい…

手のひら〜腕〜肩にかけてもまれると気持ちがいい

手のひらを揉んで差し上げる。手のひらには、たくさんのツボがある。 たとえば、労宮(ろうきゅう:手のひらの中央)、そして親指と人差し指の間の付け根の合谷(ごうこく)など。それから、腕を揉んで、肘から方にかけてもむ。さらには、肩をゆったりと揺ら…

じゃあ、ぼくのマッサージの実験台にでもなりますか?

いつもウトウト居眠りしてしまう利用者さんがおられる。じっくり新聞と読書しているが、やはり眠いようだ。 「ぼくがインタビューするので、自分史でも作りましょうか」。「シルバー川柳はどうでしょう」。「PPバンドで籠づくりは」。書の達人なので、「今週…

LSD瞑想(Long Slow Distance Meditation)だ

満月からスタート。ジョギング4日目。はやくも、体が軽くなる。 1周走るだけで、「ああダメ」とおもっていたのに、5周でも6周でもラクラクになってきた。 そして、なんだかとても元気になってきた。「よしやるぞ」というベースが作られていく感じ。 ------…

LSD実践中

煌々とかがやく満月の下、こんな夜中に走ってきた。月の光を浴びてたった一人で走っている。「こりゃあ、なにか神事みたいだなぁ」と思ったよ。 3日坊主を実践中。きょうで3日目になる。トラック10周走っている。走ると言っても、 ゆっくりだ。歩くくらいの…

新しいことを始めるのは、満月から

きょうは満月。新しいことを始めるのは、満月からがいい。 うちの施設の隣が、ホタル公園で夏にはホタルが出る。そして、その隣に広いグランド。日曜の少年野球と老人のグランドゴルフに使われるくらいで、いつもほとんどだれもいない。イノシシが夜中に土を…

マインドフルネスのウォーキング

利用者さんに、ヴィパッサナーの入り口をリードしてみた。ヴィパッサナーとは、ヴィ(よく・しっかり・ちゃんと)パッサナー(観る)ということだ。 なにを? 自分である。 自分とは、自分の「動作」「行動」「感情」「心の動き」である。 -----------------…

「転倒予防」とヴィパッサナー

「できるだけ、自然の呼吸でゆっくりやる」「イタ気持ちよさを味わう」「伸ばす・伸ばす。そして、フッと息を吐いてリラックス」。きょう利用者の方をリードしたことだ。 -------------------- 「できるだけ、ゆっくりやる」……反動を使わない。息をつめない…

劣等感と優越感と

ふりかえれば、自分のダメさにとことん気づかされるところから、這い上がって、自分の個性を磨いてきたんだと思う。そこから強みがわかってきた。けれども、やがてうまくいくようになって、それが勢いづいて、優越感につながる。すると運気を失って、墓穴を…

「転倒予防教室」の講座をひらいていこう

S大の院生のNさん(理学療法士)とやりとりした。かれの研究テーマは「転倒予防」だという。 いまデイサービスを運営し、利用者さんを観察していて、いちばん気をつけるところは、「転倒予防」だ。 年をとると、足腰が弱る。足がもたつく。つんのめる。 立…

生きていればこそ、こうして、さまざまな現実を体験させてもらえる

山登りを終えた人たちが、下山して茶店などでのんびりくつろいでいる。「ああ、いい山だったねー、楽しかったねー」と。その人たちを尻目に「これから登ります」と、登っていくようなわたし。 「ええ!こんな遅くから登るの?もう日も暮れてきたし。それに頂…

カルマの解消は逃げ出さない、直面すること

カルマ(業)と言うのはその人が背負ったものでありその人自身が解消すべきものである。 それは「過去の蒔いた種を刈り取る」ということ。起きてきた現実は、自己責任であり、自分が起こして自分に帰着したことべて自己責任、自分持ちということだ。 カルマ…

寄り添うということ

「寄り添うこと」に気づかされる。 施設では、利用者の皆さんと、童謡と唱歌などよく歌う。ぼくはギターの伴奏(開放弦でどんな曲にも対応できる楽ちん奏法だが)。 ちょっと時間がある時、あるいは送りまでの時間に、「じゃあ、歌いましょうか」と臨機応変…

やってきた縁とダンスしていくあり方

「先が見えない」「どうなるかわからない」「なにをどう準備していいのかわからない」。 いまデイサービス事業の渦中。昨年の12月1日に開業。 まさに、五里霧中。そこに、飛び込んでしまう。その緊張、先のみえない不安と希望の波、そこを進んでいく。ぼくの…

相手があってこそ力が湧いてくる

利用者さんに、マッサージしたりヨーガやストレッチを教えると、こちらが元気になる。 「歌を歌いましょう」と、リードすると、歌っている自分がいちばんエネルギーをもらえる。 身体介助をしていると、自分の動作、相手の動きに鋭敏になる。自分の至らなさ…

足腰から弱ってくる。いかに楽しく運動できるか。

歳を重ねると、足腰から弱ってくる。つまづいて転びそうになる。転倒すれば、大腿骨を骨折したりする。そうなると、長期入院だ。筋肉は退化する。そして、脳の認知能力も衰えてくる。 風呂ですべって転び、大腿骨を骨折したOさん(89歳)が、やっと退院。今…

困難に直面するためには、つねに変化せざるをえない

「成功」というのは、目標が達成されること、ビジョンが実現されるところにある。 ところが、当初の目的、目標、ビジョンとは、ちがうかたちで、「予期せぬ成功」が訪れる。それが人生には多いと思う。 成功しなくても、実存的な「問い」を突きつけられて、…

これからが、これまでをきめる。

新年雑感。これからが、これまでをきめる。 これからどう行動するかで、過去のストーリーが変わる。 都会暮らし40年、春野に移住して10年。サラリーマン生活、そしてフリーランス。出版と編集。さらには、NPO法人での山里のネットワーク作り。 -------------…

その人に起きていることは、まさに「リアルな現実」

今日のデイ。 高齢の利用者さんには、ときどき妄想が入ることがある。 ある90代の女性の方が、こう言っていた。 ──こないだ、お坊さんが九州から来て、托鉢していった。ところが、その人が泥棒だったんだよ。 「へぇ、九州から。それはすごいね。しかも、…

イエスとブッダ

きょうはクリスマス。イエスが生まれた日。以来、2019年となるわけだ。 『新約聖書』のなかで語られるイエスの言葉は、わかりやすい。親しみやすい。心に伝わる。 ------------------- イエスは「共感性」の強い方と感じる。相手の苦しみを、自分の苦しみと…

近頃思うこと。

近頃思うこと。 ①「未完」でいい。「未完」をもって「完」とする生き方。 どっちみち完成など、ありえない。途上でいい。途上で倒れることが、すなわち本望。進みゆく中で倒れるのがいい。 ②あとは、「なんとかなる」。「なんとでもなる」。そして、死んだら…

「練功十八法」あたりが適当と

きょうのデイ。 いままでは、ラジオ体操を昼の3時くらいにやることもあった。 ラジオ体操は、国民的な体操だが、息を詰めて、反動で身体を動かすタイプのものだ。 もっとリラックスして「呼吸法の伴うもの」がいいのではと思う。 ということで、「練功十八法…

マリファナ(大麻)、コカイン、アヘンの体験者から

テレビでは、沢尻エリカのニュースばかりやっている。デイサービスの施設で、たまにスイッチつけると、うんざりする。過渡に大騒ぎしすぎていると感じる。 彼女は、合成麻薬「MDMA」を所持していたとして麻薬取締法違反容疑で逮捕。LSD、大麻、コカインも使…

だって、怒ったら自分が損じゃない

きょうのデイ。 Mさんは、大正15年生まれの93才。母が生きていればおんなじ年だ。 ひとり暮らし。足腰もしっかりしていて、スタスタ歩く。 丁寧な優しい方で、とても安定している。 いつも静かに、読書したり、塗り絵などをしている。色に強弱をつけてとても…

夫によって魂の修行をさせてもらった、と語る

きょう出会った80近くになる女性との立ち話。数年前に夫を亡くされ、いまはひとり暮らし。 --------------------- 近頃、友人と語るのは、「どうやってこの世を終えていくのがいいのか、葬儀はどうしよう、お墓はどうしよう」という話ばかりです(笑)。 葬…

実際に」「具体的に」「自分の身体が」「いまここで」それができるかどうか

弱い人に寄り添うのは、たいせつなこと。だが、「実際に」「具体的に」「自分の身体が」「いまここで」それができるかどうか。ということになると、これは別問題。-------------------この一ヶ月、デイサービス事業の継承のために、送り迎えの見習いをしてき…

父と娘の血圧と脈拍

子どもの脈拍の速いことがわかる。上はあかり(4つ)。下は左はお父ちゃん。 お父ちゃんの血圧は、今回は、高いほうだ。あかり血圧はこんなものなんだろうか。ちゃんと腕を入れて測ってないからかな。-------------------心臓というのは、生きているかぎり、…

「せん妄」「被害妄想」そして「伝説」「神話」に。

高齢者には、「せん妄」「被害妄想」が起きることがある。たとえば「盗られた」あるいは「叩かれた」という場合だ。 いずれにしても、自分が被害に遭ったという意識である。----------------------「事実」でない場合がほとんどだろうが、本人はそのように思…

そこで、山本太郎と。

山本太郎の浜松駅前の街頭演説に接して、「さすが」と感銘した。そこで感じたこと。--------------------①あらかじめ用意した話を伝えるだけでは、人の心に響かない。いわゆる話が上手い人は、流暢に話はできるが、相手の心に響かない。 ②そこに「自分」を持…