過疎の山里・春野町で暮らす

山里暮らしの日々を綴る/いちりん堂/NPO 法人 楽舎

山里暮らし

湿気の防止と断熱をどうするか 試行錯誤

古民家の快適さを実感している。 新建材を使っていない。無垢(むく)の木ばかりなので、石油系の化学物質がない。暮らしてみてわかるが、ずいぶんと体がラクなのだ。 なにしろ、世の中のあらゆる商品、そして位の基礎である建築は、ほとんどが石油系の化学…

なりきって演奏してた。3歳児。

なりきって演奏してた。3歳児。こないだ山下洋輔のピアノコンサートに行ったが、わりとこんな感じでもある。そのあと、みんなで絵を描いてた。 今月は、お泊り親子は3組。親子が泊まりに来てくれると、いろいろ乱雑になったり、そしてまた片付いたり、とも…

戦前戦後のものすごく古い歌ばかりだ

古民家改修の日々。あかりが掃除にはまっていて、毎日、「雑巾がけやろうよ」と言ってくる。とにかく拭けば拭くほど、きれいになる。雑巾をすすぐとバケツの水は真っ黒。気持ちはスッキリ。(たぶん三日坊主のような気もするけど) ▽デイサービス時代に利用…

古民家暮らしも、もう一ヶ月

荒れ放題であった古民家暮らしも、もう一ヶ月。今朝はあかりと、せっせと雑巾がけ、そして仏具の真鍮磨き。やることは山ほどあるが、掃除するたびに整っていくのはうれしい。心も清まっていく。 廊下、床、階段、障子の桟なども雑巾で拭き取る。8年間放置し…

鳥の名前覚えようかな

古民家の改修。8年間の空き家の復活。コツコツと改修している。 箒、雑巾がけ。古い畳を廃棄。空き缶と硝子など分別。草取り。放置竹林の伐採。 ▽まずは床の間にどーんと仏壇を置いた。祈りと瞑想の場は整ってきた。真鍮の仏具はピカールで、ピッカピカに磨…

ツルハシでザクッザクッと草取り

ツルハシでザクッザクッと草取り。根っこがものすごい雑草が多い。ツルハシの重さと勢いで根っこごと掘ってしまう。ザクッと掘るワザは、武術のようである。腰を中心にぶれないで、打ち込む瞬間だけ丹田(たんでん へその下にあるエネルギーの源)と腕に力を…

朝はドラム缶風呂

朝はドラム缶風呂を沸かす。早起きして朝風呂というのがいい。あかりは二度も入っていた。これは、U字溝を利用したロケットストーブ型のドラム缶風呂。不要になった廃材、家具、書類などもバンバンと燃やす。古民家の改修は、少しずつすすんできている。まっ…

いろいろと描いていくと人生万般が素材だらけで楽しくなるぞ

お母ちゃんに叱られて、あかりはしょぼんとしてこの絵を持ってきた。叱られているときの様子を描いたものだ。──暮らしの中にいっぱいネタがあるからね。それを描けばいい。いつも言っている。いつもは、チャゴチャしたい部屋の様子や台所などを描いたりして…

8年間、空き家にしていた古民家。あかりと泊まりだして、もう一ヶ月になる

8年間、空き家にしていた古民家。あかりと泊まりだして、もう一ヶ月になる。Uさん親子三人が泊まりにきてくれたのが、ちょうど一ヶ月前の5月3日。 ▽それから、Kさん親子三人が3日間泊まってくれた。同時に、5歳と7歳の男の子たちが泊まったのが5月18日…

8年間放置していた、ゴッチャゴチャの古民家がずいぶんと過ごしやくなってきた

8年間放置していた、ゴッチャゴチャの古民家がずいぶんとすごしやくなってきた。 「ここでみんなでお泊りできるようにするんだよ。」 小6と小2の女の子とがやってきた。 「まず、掃除をしなくっちゃ。ちりとりと雑巾とバケツを用意して。ほんとうは、窓開…

みんなで子どもを育てるのが、理想的なんだと思う

「きょうは幼稚園に行くよりあかりちゃんと遊びたい。」ということで、T君が遊びに来る。 昨日も、T君とTちゃん、三人で遊んでいた。T君は車で10分。この山里では至近距離だ。Tちゃんは一山越えて30分と、ちと遠い。 まちなかから一時間半かけても遊び…

「消滅集落」になった施設の活用

昨年「消滅集落」になったところがある。だが、寄り合いの設備だけは見事に残っている。きけば8,000万円もかけた建物という。 ▽そこを民泊、泊まり込みのワークショップの場にしようと、行政にプロポーザルしていた。先月、市民部長以下ずらりと並び、そこに…

8年間空き家にしていた持ち家の改修に入っている

8年間空き家にしていた持ち家の改修に入っている。なにしろ1,700坪もあるんだ!母屋と屋根を入れて、10部屋ある。モノも一杯。書類もいっぱい。ガラクタいっぱい。庭は荒れてジャングル。康ちゃんがせっせと木を伐採したり、片付けてくれている。おかげで妖…

よもぎ茶はいいよ

ヨモギ茶を毎日飲んでいる。うちの庭はヨモギだらけ。 ▽香りのいいヨモギ茶ではないよ。真っ黒に煮込んであるので、「ヨモギコーヒー」という感じだ。おかげでコーヒーを飲まなくなった。 お茶代わりに一日中飲んでいる。効果はよくわからないが、血液の浄化…

消滅集落の施設の無償貸与案件

①消滅集落(昨年、住民がいなくなった)の施設の無償貸与案件にプロポーザルした。結果は不採択。これで連続3連敗。対向する団体があるわけではないので、このまま放置して廃屋になっていくに違いない。 建物は使わず、人が入らないとどんどんと荒廃してい…

トラウマとシマヘビ

───おかあちゃんは、自分のおかあちゃんから言われたことがトラウマになっているんだって。 「え、どんなこと? ───「絵はきちんと描かなくちゃいけない。はみだしちゃいけない」。自由に踊ったりしていると、「きちんとしなくちゃいけない。そんな踊じゃみ…

イエスは踊ったろうか

エホバの人がよく訪ねてくれる。ぼくと同年齢。24日の集会のお誘い。あいにく、山下洋輔のライブで行けないけど。東北出身の方で、語りあっていると、なにかやすらぐのがいい。つまらぬ教義や神学論争にはならならない。───は池谷。「」は、エホバの人。 ───…

「客を見きわめる」と「仲良くしたくない人に近づかない」

「客を見きわめる」と「仲良くしたくない人に近づかない」 新入社員の研修は、大坂でピアノを販売することだった。ピアノの予約販売だ。これは、ミシン屋が始めたビジネスで、毎月、積み立てていく。子どもが大きくなったら、それを頭金にしてピアノの実物を…

町の活性化を目指す中学生発案のプロジェクト「犬居SOZO(ソーゾー) 。劇団発表会。

春の名曲も数々あるけれど、森山直太朗の「さくら」秀逸。子どもたちが歌うと、じいんとくるなあ。そうして、映像に出てくる赤ちゃんの動きがなんたって可愛らしい。 「自然とし出だすことに、得たる風體(ふうてい)あるべし。ふとし出ださんかかりを、うち…

突然、襲ってきたのだった

突然、角を向けて襲いかかってきた。優しくて可愛いヤギさんと思っていたので、びっくりした。逃げても向こうのほうが速いんだ。それで、おもわず引っくり返って受け身をとった。ああ、事なきを得た。 ほんと危ないとろだった。肋骨か腰の骨を折られるところ…

もう踊りまくるしかないんじゃなかろうか。阿波おどりが始まるよ。

この閉塞したいまの時代、もう踊りまくるしかないんじゃなかろうか。 本日(3/15)阿波おどりの練習の2回目があるよ。参加ご自由。19時半〜20時半。参加費は一人300円。場所は、天竜区二俣の光明ふれあいセンター(浜松市天竜区山東2309-8)。 ぼくもあかり…

おとうちゃんの書いたものを読んでくれている

あかりが、おとうちゃんの書いたものを読んでくれている。「おとうちゃんの文章は読みやすいからいい」と言ってくれる。 「ねえ、きょうなにか書いたの?」───まだ書いてないよ。だった、ネタがないもの。 「さっき、市長にメール書いていたじゃない、それら…

春野町に、工藤夕貴(くどう ゆうき)がきて公演した

「工藤さんは、ワクチンを打っていますか。打っているとしたらどうしてですか? また、打ってないとしたにどうしてですか?大切なのは、免疫力がもっとも枢要と思います。厚労省の人口動態をみると、2011年からの、超過死亡者数は30万人を超えました。これは…

研究論文に応募してみたよ

日本生命財団が、「児童の健全育成」の研究論文の助成をしているということを知ったのが昨夜。ところが、なんと締切は今日の消印有効ってことに。しかも、過去の実績を見たら、そういう研究論文のほとんどは、大学の教授や准教授ばかり。 私は、アカデミック…

食い扶持を稼ぎつつ、発信していくしかない

ざっくりと書きます。ちょっと過激かな。批判、反論を歓迎。 ①いまの出生者数は70万人。みんな結婚しなくなっている。家庭を持たない。子どもが生まれない。このまま行くと50万人くらいになるだろう。東京一極集中。そして経済的貧困で、ますます子育ては困…

解体の相談を受けた

3年前に解体を引き受けて、その親方をしたことがあるが、またやるかもしれない。そのときは、いろいろやったよ。解体の祝詞を作って読み上げ、先祖の仏壇を出してきてお経を唱え、施主を伴って菩提寺にも挨拶した。 いよいよ柱を倒すという寸前、山口さんに…

「さあこれからだ」という矢先

「そろそろ仕事をやめる。ついては、たくさんある端材を処分したい」という。「じゃあ、ぼくがもらいますよ。薪ストーブや風呂の薪にします」。製材所の社長は、軽トラックに積んでわがやまで運んでくれた。これから、なんども運んでくれるという。ありがた…

文章を書くことがもっとも学びになる

大学に行ったが、まったく授業に出なかった。当時は、学生運動の残滓が強かった。受験日は、校門にはバリケード、そして機動隊がずらりと数十名。入学すれば、やれ革マルだ中核だ、民青だと、キャンパスはアジ演説と立看板だらけ。校内は荒れていた。 授業に…

七輪で炭を起こしてサバを焼く

あかりと夕食。外風呂を薪で沸かしながら、七輪で炭を起こしてサバを焼く。4切れ500円だった。 じゅーじゅじゅ。あつっ、あつっ。サバは油が出るので、炎がふわっと上がる。煙と臭いがすごい。七輪の上で焼かれているサバの上に醤油を垂らし、そのまま箸で…

過疎地の空き家の活用

文化遺産になりそうな木造の旅館が解体されていた。古材など貴重なものが多かったのに、まことに残念。そのまま、春野町の郷土資料館になりそうな。あるいは、喫茶店や民泊になりそうだったのに。もったいないことよ。 ▽いま、あちこちで空き家が増えている…