過疎の山里・春野町で暮らす

山里暮らしの日々を綴る/いちりん堂/NPO 法人 楽舎

ススキの根っこを掘るには

100坪の畑。二枚刃の背負い式草刈機で40分で刈り終わった。借りている土地は草刈りしないと顰蹙を買う。地主が「まわりからクレームが来たので、刈ってほしい」と来られた。こちらが忙しかろう、と躊躇していた由。
今年は放置していたら、ススキが繁茂してきた。せめて夏に刈っていればラクだったが、晩秋のススキは茎が硬くて、刈るのに手間取る。しかもすでに種が舞ってしまっており、また来年も盛んに茂ることだろう。
ススキの根っこは、ものすごく深くたくましく張る。この根っこを掘り返すのは並大抵ではない。トラクターでは負けてしまう。ユンボの出動だ。
いっぽう、わがやの敷地(1,700坪)は放置。とても時間的にも体力的にも無理。人を雇うほどの資金的な余裕もなし。

f:id:ichirindo:20201108173437j:plain