過疎の山里・春野町で暮らす

山里暮らしの日々を綴る/いちりん堂/NPO 法人 楽舎

「13分間死んで戻ってきました」
5月19日(日)14時〜17時(入室は13時半から)


GoogleMeetで行う。下記をクリックすれば参加できる。
参加ご自由。無料。どなたでも。
https://meet.google.com/asj-herx-onx


突然の心肺停止13分間。蘇った長澤さんの感じた世界は、生死を超えた世界は、尽十方無碍光(じんじっぽうむげこう)であった。
そこから帰還することで、わかった。
「この世は障碍(しょうがい)があるからこそのワンダーランドである」と。
言葉も、ありのままの透明な覚醒を妨げる障碍(しょうがい)である。
しかし、その障碍があるからこそ、美しい物語を紡ぐことができる。
そんな体験を語ってもらう。
死について考える「カタリバ」。
死ぬのは確実。いつ死ぬのかわからない。
死んだらどうなる?
分かる人はだれもいない。
でも、臨死体験者はたくさんいる。
友人の長澤さんは、その一人だ。
死の世界の垣間見たようだ。
  ▽
それは、暗黒ではなく、無ではない世界。
はかりなきひろがりの世界であった、という。
「無碍光如来」(むげこうにょらい)という言葉がある。
親鸞が述べている浄土の世界だ。
限りなきひろがりのある無限世界、そしてそこは清浄そのものだ。
彼はその世界にいた。あったのだ。
そして、そこからこの世に戻ってきた。
  ▽
そのまま、その世界にいればよかったのか。
どうして、この障碍の多い世界にもどってきたのか。
そこが、興味深い。
限りなきひろがりのある無限世界であるゆえに、そこは安住の世界ではなかったらしい。
この障碍の多い、悩みと苦悩の多き世界ゆえに、ダイナミックな世界があるというのだ。運動機能に障碍が起きたが、それはそれとして多方面に活躍している。
ということで、この煩悩多き世界で遊んでいる長澤さんをゲストに「いちりん楽座」を開催する


ゲスト 長澤 靖浩
1960年 大阪生まれ
2013年 心室細動で13分間心肺停止し、臨死体験。死生観に大きな変化をもたらす。
著書に『一三分間、死んで戻ってきました』
https://bookscope.thebase.in/items/84975205
東京でのお話の一部
https://www.youtube.com/watch?v=uhM1PckjlMU