過疎の山里・春野町で暮らす

山里暮らしの日々を綴る/いちりん堂/NPO 法人 楽舎

山伏と生活仏教 語りあい

友人の田中利典さんとの語らい。まあ、二人のよもやま話になると思うけれども。参加者からどんどん突っ込んでくれたら、そこから話は展開していく。

11月30日(木)13時〜15時 12時半からは雑談と打ち合わせ。

GoogleMeet。URLは後日記載。

参加ご自由、途中入退室可、参加無料。

田中利典さんは、たくさんの実績があるんだけど、ざっと書いてみるとこんな感じ。

  ▽

修験道山伏の拠点・吉野にある国宝金峯山寺の執行長(しぎょうちょう)を長年に渡って務める。
②山伏・修験道の歴史と行法、意義を書物に著し、全国で講演する。
③吉野・熊野・高野という霊場・聖域をフィールドにしたユネスコ世界遺産登録に活躍。
④吉野・熊野・高野の三霊場会、伊勢も入った神仏霊場会(近畿を中心とした125の社寺)の設立に尽力。
④現在、金峯山寺長臈/種智院大学客員教授役行者霊蹟札所会顧問/宗教法人林南院住職/半僧半X研究所所長/仏教生活センター会長・・修験僧。「近代との戦い」がテーマ。

  ▽

テーマはというと、難しい。たくさんありすぎて。まあそこは、流れのままに。池谷が切り込んでいくので、あとは適当なカタリバに。

例えば:宗教は必要か/祈りと実践/ご利益宗教は悪いか/葬式は必要か/ハレとケ…日本の習俗/死ぬことと救われること/神仏の何がありがたいのか/山修行の効能/修験道蔵王権現/宗教は儲かりますか?/良い坊主、悪い坊主/私が出会った坊主と神主