過疎の山里・春野町で暮らす

山里暮らしの日々を綴る/いちりん堂/NPO 法人 楽舎

5つの大切なこと

①生きているのは「今」なのだから、今やるべきことをちゃんとやる。
具体的、現実にいまここにあること、起きることとダンスするしかない。

②常に変化するのだから、その変化を楽しんでしまう。
物事、事態、世界、自分の心、人の心。刻々と変化する。明日のこと、来年のこと、この先のことはわからない。変化、無常を楽しむしかない。

③常に問題はある。どんなに問題を解決しても、次の問題が起きる。どこまでいっても人生は問題だらけ。だから、問題と遊ぶしかない。

④やってきた縁によって事態は動く。縁に従って、それをチャンスと捉えてエネルギーを注ぐ。

⑤生命のエネルギーがベース。瞑想、祈り、読経やマントラ、すべて役に立つ。エネルギーのもととなり、洞察と静寂がうまれ、気づきが起き、モチベーションも湧く。行動源となる。