過疎の山里・春野町で暮らす

山里暮らしの日々を綴る/いちりん堂/NPO 法人 楽舎

証拠がないとそれを覆すのが難しい

印刷会社から資料が届いた。う〜ん。ざんねんながら、どうも裁判に勝てそうにない▲相手(ニチレン出版の尾谷氏)は、言うことがコロコロ変わる嘘つきの常習で、なんども不払いを起こしては、下請けを泣き寝入りさせてきた出版社だ。悪いのは、その出版社だと思うけど、相手の主張しそうな論旨を崩せそうにない。

どうしてか……。大切なことについて口約束がほとんどで、裏付けとなる文書がないからだ。客観的な証拠がすくない。となると、裁判には勝てない▲「そんなこと知らないよ。指示した覚えはない。勝手にやったことだ」と主張されたら、証拠がなければ覆すのが難しい。判断するのは、裁判官だからね。

仕事というのは、互いの信頼関係で進める。相手の期待に応えようと精一杯努力する。ヒドい相手かも? などと思ったら仕事などしない。とうぜん裁判になることなど考えていない▲ほんらいならまず、「基本契約を結ぶ。途中でいろいろと条件が変わる。その都度「変更契約」を結べばいいけど、そんなことはまずしない。変更確認の文書も残していない。ほとんど口頭のやりとり。そうなると、モメたときが難しくなる。

ぼくがその出版社を相手に裁判に勝てたのは、しつこいくらいに文書にして確認しておいたからだ。言うことがコロコロ変わる相手に途中から「これはアブない」と気がついた。裁判も視野に入れて進めていったからだ▲この被害にあった印刷会社は、それをしていなかった。「相手のヒドい仕打ち、悪業を糾弾したい」と言うのだが。まあ、なんとか、サポートさせてもらおうと思うんだけどね。